青倉米、08年新米のご案内


【2008年の青倉米の出荷が間もなく始まります】
青倉受託作業班は10月10日に収穫作業を終え、現在、出荷の準備を進めています。
受託作業班から直売の担当を委託されている「栄村ネットワーク」では、全国のみなさんへの直売の発送を10月25日に開始する予定です。

直売予定量は100俵
青倉米は、2006年秋、耕作放棄田の発生を防止する目的で結成された青倉受託作業班が作るお米の直売としてスタートし、今年で3年目を迎えました。
幸い、多くの方々のご理解とご指示を得ることができ、年間予約購入の方の人数も増え、ご注文にお応えするのが大変なほどになっています。
今年は、作業班のお米に加え、作業班の自家で作ったお米も含めて、青倉のお米を約100俵出荷する予定です。



【購入ご希望の方はご予約を】
現在、07年度の年間予約購入者の方々からのご予約がすでに80俵を超えています。
新たに青倉米の購入を希望される方は、いまの時期にご予約をください。
青倉のお米には、直売用にすでに確保した約100俵の他にもう少し余裕がありますが、農家は11月上旬には自家保有米(自分の家で1年間食べるお米)を除いて農協等に出荷します。自家保有米以外の在庫を残しておいて、それが直売等で売れなかった場合はいずれ「古米」となってしまい、大幅な収入減となる危険があるからです。
したがって、たとえば年が明けてから、「青倉のお米はないか」とお問い合わせを受けても、お米の確保はたいへん難しくなります。
そこで、青倉米をご希望の方は、むこう1年間に希望される購入量をいま、ご予約ください。〔予約手続きについては後述〕



ご予約分の発送について
ご予約いただいたお米は、毎月25日に栄村から発送します。
たとえば年間1俵(60kg)を予約された方には、ご希望に沿って、毎月(1回5kg)や隔月(1回10kg)などに分けてお送りします。もちろん、ご予約注文時に一括してお送りすることも可能です。


【価格・送料について】
価格・送料は下記のとおりです。価格は、昨年度から玄米のみ変更となり、精米の価格は据え置きです。また、送料の扱いは07年度とは異なっています。

精米  1俵(60kg)30,000円(10kg5,000円)
玄米  1俵(60kg)27,000円(10kg4,500円)
送料  年間契約で総量1俵以上の場合
     ……当方と購入者で半額ずつ負担
    1俵未満の場合       ……購入者負担
    中継協力所がある場合    ……当方負担
   * 「中継協力所」とは、複数の購入者がグループを形成し、
     そのグループの代表者の方に一括して
     お送りするケースを言います。



【ご予約の方法】
まず、電話またはメールでご連絡ください。
その後、ご予約の申し込み書をお送りします。
電話:090−2047−4794(松尾)
mail:mmatsuo@kyoto-seika.ac.jp

home