****************「地域と環境科学」研究会全国集会****************



地域の住民運動と密接に関わりながら環境問題を研究する
「地域と環境科学」研究会の全国集会が
8月3日、4日の2日間、村の文化ホールを会場として開催された。

今回、栄村が会場となったのは、
「山村から持続可能な社会を考える」ということを集会テーマとし、
自律をめざす栄村から学ぼうという趣旨によるもの。

その趣旨から1日目には高橋村長が
「自律する山村――栄村からの発信」と出して講演。

また、8月5日には研究集会参加者の多くがエクスカーションで、
秋山郷常民大学の「焼畑火入れ」を見学するとともに、
「道直し」「田直し」が行われた現場や
青倉集落・西山田団地の棚田・水路等を見学した。

BACK