****************秋深まる****************

栄村はいっきに秋が深まってきています。

先週後半は台風20号の影響で暖かい南風が入り、
少し気温が高い日が2、3日ありましたが、
ここ1週間ほどで紅葉が一気に進みました。


写真は、28日朝の役場そばの交差点(交差点のすぐ下が千曲川)と、



30日午後、中条地区からスキー場方向を見たものです。


いずれも撮影が下手で、紅葉の鮮やかさが
うまく表現できていないようで申し訳ないですが、
とにかく道を歩きながら、周りを見れば、
山全体がすっかり紅葉し、黄色や赤の美しい色に染まっています。

28日に客人を案内して、秋山郷に行きましたが、
「山が燃えている」という表現がぴったり。
車で行ったのですが、「紅葉を見る」というのではなく、
「紅葉の中を走りぬける」という感じでした。

本当は写真があればいいのですが、
2つの理由から写真を撮っていません。
1つは撮影のために車を止めると渋滞を発生させ、迷惑をかけること。
もう1つは、あまりにもスケールの大きい被写体で、とても私の腕では、
その全体像を写すことはかなわず、下手に写真を撮ると、
かえって秋山郷の紅葉のすごさを損ねてしまうと思ったからです。
村のホームページに今年は、秋山の紅葉の様子を
日々お伝えするコーナーが開設されていますので、そちらをご覧ください。

そういうなかで、村では、
21日に収穫祭、28日に文化祭が催されました。
また、25日には、村内で3つ目の信号機が設置・点灯されました。
設置場所は役場の近くで、一昨年、死亡交通事故があったところです。
11月に入りますと、各集落では秋の道普請などが一斉に行われ、
いよいよ冬支度に入ります。

早ければ11月中旬にも初雪を見ることになるでしょう。

(松尾記)

BACK