*************エコプロ出展のご報告************


12月9日(木)〜11日(土)の3日間、東京ビッグサイトで開催された「エコプロダクツ2010」に栄村ネットワークとして初参加してきました。



●総入場者数18万人

エコプロダクツ展事務局の発表によれば、3日間の総入場者数は183,140人で、昨年度よりもわずかですが増えたとのことです。
栄村ネットワークは写真のような展示を行い、用意した籾米入りの小袋を約1万袋、配布することができました。



私たちネットワークの参加者は誰一人として、これまでにエコプロダクツ展を見に行った経験がなく、お台場エリア−ビッグサイトという所にも行ったことがない者ばかり。搬入のため8日(水)に初めていきましたが、お台場エリアの光景と会場の大きさに圧倒されるばかり。なんとも無謀な挑戦だったといわなければなりません。



●多くの小学生がやって来た
でも、会場では、「環境学習」ということで来場した小学生の子どもたちが次々とネットワークのブースを訪れ、稲藁を片手に記念写真をして撮っていってくれたことがとくに印象的でした。小学生の総来場者数は約2万人だったそうです。とくに横浜の倉田小学校というところは自らも出展され、子どもたちが自分たちの学習の成果を展示し、見学者一人ひとりにお話をしているのが印象的でした。



また、SoftBankのTVコマーシャルでお馴染みの「お兄ちゃん」も訪れてくださいました。



今回の出展がどういう成果を生むのか、まだよくわかりませんが、“栄村”を万単位の人たちにアピールできたことは間違いないと思います。会場を視察に訪れた役場商工観光課の村山俊郎課長も、「感動した。あんなにたくさんの人たちが栄村のブースを見に来てくれるんだから」と話しておられました。



●来年もチャレンジします
エコプロは来年も開催され、来年3月中旬には出展要項が発表されるようです。来年も是非、出展します。もっと早くから企画準備し、他の地域やNPOとも連携していきたいと考えています。

BACK